初めてのラジオショッピングでの注文

今年もそろそろ、おせちの予約も終わりです。ラジオショッピングのコーナーでもおせち料理の予約をせかされるのですね。
(笑)わが家では毎年ラジオ通販のおせちを注文します。大きな会社のおせちは、まあ内容はどこも似たり寄ったりです。

そのためか、特典を付けて差別化を図っています。

毎年、年末年始をハワイに行くという人もいるのではないでしょうか?昔より海(肌を焼いた後にはきちんとケアしないと、後でボロボロになってしまいます)外旅行はリーズナブルになっ立とはいえ、やっぱり年末年始となると話は違います。
最近はハワイにしても、グアムにしても、言葉が話せなくても買い物はできます。
とはいえ、やっぱり細かい事などは、難しいですよね。

そんなときの為に便利なのが、ラジオ通販で紹介していた携帯翻所以機なんです。我が家でもエアコンはめったにつけないのですが、指すがに真夏日がつづくと、つけざるを得ません。

しかし、エアコンを使うとどうしても電気代が気になります。

ラジオショッピングの説明によると、年々、エアコンは省エネになっているようで、電気代は1時間で約2円ほどなんですね。
10年前のエアコンから最新のエアコンに買い替えようか検討中です。
ラジオショッピングとは、ラジオ放送をメディアとして放送されるショッピングプログラムのことで、通信販売の一つの形です。日本国内においては、民放ラジオ局の長時間番組中に流されたり、独立した番組として放送されるショッピング番組のことです。そんなラジオショッピングは、文化放送開発センター(文化放送の関連会社)が、1973年に開始したのが初まりです。

ラジオショッピングが通販会社にとって都合がいいのは、テレビショッピングより、リスナーも「直接見て注文したのではないからイメージと違うことはある」と納得しているためか、商品が届いた時に、「イメージしていたものと違う」などといったトラブルは少なくテレビショッピングより返品も大幅に少ないようです。

ラジオショッピングを行っている企業としても、テレビ放送より結構少額の予算で始められる利点があることから、大企業を始め地方の中小企業まで、参入する企業業態は様々です。

あなたは「ラジオ広告」に、どんなイメージを抱きますか?ラジオ放送を聞いているときに、ラジオで通販番組が放送されているのは知っていますよね。
民放のAMやFMでは、番組を聴いているとその合間にはスポンサーCMがテレビみたいにありますよね。
それ以外にラジオ広告にはもう1種類、番組で商品紹介するタイプもあります。番組の司会者を始め出演者が、「今流行りの商品は○○」「美容の△△の悩みなら■■がいいですよ」などのように、その商品を紹介しています。時には広告主の企業のその商品担当者も出演したりと、より訴求効果が高くなるような演出をしているんです。ラジオショッピングは、民放のラジオ局やグループ企業が行なうラジオショッピングは、商品構成にその局独自の色を出しているが、比較的手広く扱っています。
例えば、パソコンやデジカメ、加湿器、エアコンなど大小電化製品から高級時計、ジュェリー、衣料品、松葉ガニやブランド牛肉などの食品、ついに、仏壇やトイレリフォームの取扱いもあったりします。

そんなラジオショッピングの多くはスポンサー通販が占めています。スポンサー通販においても、家電・精密専門主体の通販会社と、美容・健康関連の商品が主体の通販会社があります。

近頃はネット通販やテレビ通販で、日用品から電化製品などを買う人が多いです。他に「ラジオ通販」もあります。
ラジオを聞くのはドライブの時だけかもしれませんが、通販で商品を買うのが好きな人は一度、ラジオショッピングもお薦めです。

ラジオ通販の場合、商品紹介を耳で聞くだけですから、手に取るようにイメージがわき紹介の商品が目に見えるように感じられます。ダイレクトに魅力が伝わり、ほしいものが見つかりやすいです。通勤や通学の合間などの隙間時間で買い物ができるので、時間の無駄もありません。
通信販売という業態は、店舗をもたない小売業態のことです。
お店ではなく、メディアを利用して商品やサービスをアクセスした消費者から注文を受けます。近年ではネットが普及したことで「通信販売」は多くはウェブホームページでのことを指すことがあります。現在、通信販売を行っているのは、カタログ販売専門のような無店舗業者だけでなく多種多様です。ラジオ通販ではメディアの特性上、テレビや印刷物と異なり、商品の姿を見ることができません。
そこで、販売元あるいは商品のメーカーの評判や信頼性を確認することが重要です。日本の民間ラジオ放送局のほとんどは、ネットワーク組織に加盟していてラジオネットワークを形成しています。

AMラジオはJRNとNRN、FMラジオはJFNとJFL、MegalopolisRadioNetworkとなります。
なお、NHK-FM・放送大学を除する全国FM連合があります。

(全民放FM局が参加)とはいえ、全国FM連合、JFLとMegaNetに関しては、同じ放送網としての関係はそれほど密ではありません。

情報をやり取りしたり一部の番組販売、、共同キャンペーンを不定期で実施しているだけとなります。ラジオ通販番組は昭和の時代から放送されている通信販売の方法です。お薦め商品として、番組のパーソナリティなどによっておこなわれます。比較的短い時間に商品が紹介されるのです。

ラジオパーソナリティの言葉や話し方によってその商品のイメージがわいてきます。

そのためラジオショッピングは、商品を確認して買いたい人には不向きです。
ただ、購入者の中には、ラジオパーソナリティなどが商品の紹介を行なうことによって親しみやすさなどを感じる方もいます。
初めの頃のラジオショッピングは、民放ラジオ局やその関連企業が放送するラジオショッピングが一般的でしたが、ラジオ業界の広告収入の減少により、今では、広告主による通販番組が増えています。ラジオショッピングというものは、民放のラジオ局あるいはグループ企業によりおこなわれるものと外部の広告主の企業などによって、商品販売のための広告主による通販とに分けられます。はぴねすくらぶラジオショッピング@新潟放送(FM PORT)の今日のオンエアー商品