FMのラジオ通販で買ってみたもの

年末年始の期間をハワイで過ごす方もいるのでは?今は海外旅行も国内旅行のように気軽に行けますが、年末年始の期間はやっぱり料金も高いです。

今はハワイにしても、グアムにしても、日本語だけでもまあ大丈夫です。

それでもトラブルがあった時には、外国人には伝えにくいものです。そんな心配を解決するのが、ラジオショッピングでも人気の携帯翻理由機です。

日本の民間ラジオ局の大抵は、ネットワーク組織に入っていてラジオネットワークが構成されています。AMラジオは、ジャパン・ラジオ・ネットワークと全国ラジオネットワーク、FMラジオは全国FM放送協議会とジャパン・エフエム・リーグ、メガネットです。

更に、NHK-FM放送と放送大学を除く全民放放送が参加している全国FM連合があります。とはいえ、全国FM連合、JFLとMegaNetに関しては、同じ放送網としての関係は密ではありません。情報のやりとりや一部番組の販売、不定期での共同でのキャンペーン実施だけとなります。我が家でもエアコンはめったにつけないのですが、やはり気温が37度を超える日ともなれば、つけるしかないですよね。

でも、エアコンの電気代を考えると躊躇してしまうでしょう。

ラジオショッピングの説明によると、最新型のエアコンになるほど省エネだそうで、1時間つけっぱなしで電気代は2円ほどなんです。10年前のエアコンから最新のエアコンに買い替えしたくてたまりません。本日の休憩時間の話です。パートのWさんがZIP-FMでドライブレコーダーを注文したという話を聞きました。

私もよくFMラジオは聴いていてこのドライブレコーダーの通販は知っていました。

コレいいかな?買おうかな?と思ったことがありました。でも、私の車に付くかな?と不安だったので買わずにいました。Wさんの車にも簡単に付けることができた!シガーソケットからの電源で良いわよーって聞いたので次にまたFMで聴いたときには買おうと思いました。

12月も中半を過ぎると、おせち料理の予約をしなければなりません。ラジオ番組の宣伝でもおせちのCMをよく聞きます。わが家では毎年ラジオショッピングのおせちを予約しています。

人気とされているおせちは、中身はあまり変わらないような気がします。

そういう理由からか、特典なんかをつけて差別化しようとしているのでしょう。

初めの頃のラジオショッピングは、民放ラジオ局とそのグループ企業により放送するラジオショッピングが主でした。ラジオ業界の広告収入の減少により、現在では、広告主通販が多くなっています。そもそもラジオショッピングは、民放ラジオ局自体かそのグループ企業が放送するものと外部の広告主の企業などによって、商品販売のための広告主による通販とに分けられます。ラジオショッピングで購入したドライブレコーダー。やっと来ました!午前中の配達ということで、朝早くから心待ちにしていましたが、ヤマト運輸が来たのが12時ちょっと前でした。

ギリギリ午前中に届いたということですね。代引きのお金を払って無事受け取りました。昼食をとってから、車に取り付けようと思います♪通信販売というのは、店舗をもたない小売業態のことです。店舗ではなく、メディアを使って商品やサービスを媒体にアクセスした消費者に販売することです。近年ではインターネットが普及したことで通信販売(通販)といえば、ネットのサイトによるものをさすことが多いです。

現在、通信販売を行っているのは、店舗をもたない業者のみならず多種多様です。

ラジオショッピングで購入したドライブレコーダー。やっと来ました!配達時間を午前中にしていたので、朝から心待ちにしていましたが、佐川急便のドライバーが来たのが正午前でした。お昼12時ちょっと前でも午前中になりますね。

伝票にサインして荷物を受け取りました。あしたにでも車に取り付けようと思います。もっと早く来てくれたら、友達とランチに行こうと思っていたのに、すでにお昼を過ぎてしまいました。

現在ではインターネットの通販やテレビ通販で、多種いろいろな商品を購入している人が少なくありません。しかし、これらの他にも「ラジオ通販」も人気なんです。ラジオを聞く機会が少なくなったかもしれませんが、通販でお得な商品を買いたい人なら、ラジオ通販の利用もいいですね。ラジオショッピングなら聴いているだけなので、とても想像しやすく商品の説明や効果を紹介してくれるのです。思ってもいなかった商品に魅力を感じることもあります。
自宅に居ながらサクッと注文ができるので、時間の無駄もありません。ラジオっていったい誰が聴いているの?サラリーマンにとってはなじみがないのではないでしょうか。まず、ラジオを聞く人の男女比は半分ずつなんです。50代・60代・70代以上と年齢が上がるほど、ラジオを聴いている方の割合が高くなります。また、都会の人より地方在住のリスナーが多いのも特質です。
日常的にラジオを聞く習慣のある方の割合では、上位に、いわゆる地方と分類される都道府県が入ります。

都市在住の若年・中年の世代からは想像できないかもしれませんが、生活の中にラジオが溶け込んでいる層が一定数今でも存在しています。

ラジオショッピングの特質は、民放のラジオ局やグループ企業が放送するラジオショッピングは、商品構成にその局ならではの色が出るが、どの局もジャンルは手広く扱っています。

実例としてはパソコンやデジカメ、加湿器、エアコン(標準の取り付け込み)のように大小の電化製品から、貴金属や産地直送品、仏壇からトイレのリフォーム請負までもあったりします。

今やそんなラジオショッピングの多くはスポンサー通販が占めています。
スポンサー通販で見ても、それぞれの通販会社の取扱商品は様々です。ラジオショッピングをおこなう通販会社の利点は、テレビショッピングに対して、購入者も「ラジオを聴いて自分のイメージで注文したから、ある程度ちがうこともある」と承諾しているのか、商品を受け取った時に、「思っていたものとちがう」のようなトラブルは最小限でテレビショッピングより返品に至ることは少ないといわれています。ラジオショッピングを放送する通販企業も、ラジオ放送は比較的少ない予算で始めることができるメリットがあることから大企業を初め地方の中小企業まで、参入する企業業態は様々です。
そもそもラジオショッピングは、ラジオ番組内で放送されるショッピング番組で、通信販売の一形態となります。
日本国内においては、民放ラジオ番組の中に挿入されたり、独立した番組として放送されるショッピング番組のことです。
このようなラジオショッピングについては、文化放送開発センター(文化放送の関連会社)が、1973年(昭和48年)に開始したことがはじまりです。
ラジオ通販は昔から流れている通信販売の方法です。

一般的に商品紹介は、ラジオパーソナリティです。
ラジオ通販ではお薦め商品として短い時間紹介されます。
ラジオパーソナリティが発する言葉や話し方によっては商品にいいイメージをもたせることもできます。そのためラジオショッピングは、商品を確認して買いたい人には不むきです。そうであるとしても、利用者の中には、ラジオパーソナリティに親しみを感じているとその商品にも親しみを感じるようです。

ラジオショッピングは耳で聴いた情報だけなので、テレビの画像や印刷されたものとは違って、商品の実物が分かりにくいです。
ですので、通販企業の評判や信頼性もラジオショッピングを利用するときの注意点です。

あなたは「ラジオ広告」に、どんなイメージを持っていますか?ラジオ放送を聞いているときに、ラジオ通販をやっていたということもあるでしょう。

民放のAMやFMでは、番組を聴いているとその合間にはテレビみたいにコマーシャルが入りますよね。
それとは別にラジオ広告には、プログラムとして商品を紹介したりすることもあります。ラジオ番組の司会者とその他の出演者が、「最近流行っているのは○○」「運動不足解消には■■が人気ですよ。

」のように商品を紹介しています。また、商品の企業の担当者へのインタビューも交えて、番組リスナーに商品の魅力を訴えます。快適生活のラジオショッピング802で紹介された商品はこちら